丸太テーブルができるまで

ジャルダンの改装を機にイスとテーブルを置く計画段階においては

そのまま既製品を置くつもりでいたのですが、やはり自然を心から愛する(笑)

自分としてはできるだけ富士山麓の材料でオーダーテーブルを作ることを決意しました。

今回は出来上がるまでをご紹介。


こちらは静岡県御殿場市に富士山麓の倒木や間伐材開発のために

伐採された廃材が眠っています。






使えそうなサイズや質感

そして材の名称を確認してお店にぴったりのものを探し出します。







最終決定は 足 天板ともにケアキの木を選定しました。






加工、プレーナー、そして塗装して仕上がったのがコチラ

ちなみに天板の厚みは80mm

なんとも存在感のあるテーブルに仕上がりました。ちなみに椅子はインドネシア製の既製品。制作風景などは下記リンクから参照してください。


製作はNPO法人 土に還る木 担当 小松

詳細はこちら

http://tsutinikaeruki.org/


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示